旅猫日和

旅行とホテル滞在記を中心に、興味の向くまま日々の出来事を掲載しています。2012年9月に長女を出産し、ホテル修行は休止中。

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

王記府城肉粽と遼寧街夜市の鵝肉城 

今回の旅行、あまり時間もないのでホテルの周辺で食べることくらい
しか書くことがありません。

そんなわけで行ってきたお店2店のレポートです。

■王記府城肉粽■

MRT木柵線の南京東路駅と忠考??駅の真ん中くらいにあります。
南京東路駅からだと線路づたいに南下し、道路標識に「八徳路」の字が
見えたら左折。まっすぐ歩いてしばらくすると右手に「王記府城肉粽」
という大きな看板が見えます。
Taiwan2008041202
続きを読む前にワンクリックお願いします。
↓↓↓
ブログランキング ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ

まず店頭で食べたい物を選んで、食べ物を受け取ってからお支払。
持ち帰りもできるようです。

適当に空いてる席に座っていただきます。

私達は1日目のお昼(おやつ)に行きました。

食べたのはこれ。
Taiwan2008041203
肉粽(ロォツォン)
豆沙粽(トォサーツォン)
魚丸湯(ユィワンタン)

肉粽はかなりどっしりしてて食べ応えあります。
具(豚肉、シイタケ、栗、ピーナッツ、カボチャ?)も大きくてたっぷり。
もっちりとろりという感じです。
テーブルに置いてあるピーナッツの粉末とかラー油みたいなのを
お好みでトッピング。

豆沙粽は中に小豆餡が入ってる甘い粽です。
甘さはくどくなく、ちょうどいい感じ。
棗のほんのりした酸味が絶妙なアクセント。

魚丸湯は魚のすり身と大根の入ったあっさりスープ。
肉粽のこってりにはあっさりしたスープがぴったりですね。
香菜が大丈夫な人は是非入れてください。

麺線が食べたかったのですが、ちょうど売り切れとのこと。
でも食べ終わって帰る頃には出来上がったのか売ってました。
おなかいっぱいなので食べれない。。。残念。

というわけで、翌日のお昼前にリベンジしました。

その時食べたのはこれ。
Taiwan2008041302
やっぱり肉粽(ロォツォン)
菜粽(ツァイツォン)
大腸麺線(ダーヂャン・ミェンシェン)

菜粽はピーナッツ入り粽。
野菜は入ってません。ピーナッツのみ。菜とは肉が入っていないこと
を指すそうです。
シンプルな塩味であっさりしてて食べやすい。
大腸麺線はその名の通りモツ(&つみれ)が入ってるので、独特の
においがありますが、香菜を入れると気にならないです。
とろみのあるスープに素麺より細いくらいの柔らかい麺で、つるつる
喉越しよく入る感じです。

肉粽とかビールにぴったりだと思うのですが、残念ながらお店には
置いてませんでした。
そういえば飲み物自体置いてなかったような。
ピーナッツの粉末をかけすぎると口の中がもそもそするので、何か
飲み物を持参したほうがいいかもしれません。

独断と偏見でお勧めの組み合わせは、
1.肉粽&魚丸湯
2.菜粽&大腸麺線
3.豆沙粽&お茶(持参)

単品だと魚丸湯と菜粽が良かったです。

他にもメニューがあるらしく女性がお椀に入ったゼリーみたいなのを
食べてました。
たぶん甘いもの系だと思うのですが、うーん、気になる。

■遼寧街夜市の鵝肉城■

台湾へ旅行するのは2回目ですが、初めて夜市に行きました。
ウェスティン台北から近い遼寧街夜市(リャォニンジエ・イエスー)
という所です。

行ったことないので比較できないですが、有名な士林観光夜市とか
と比べるときっとこじんまりしています。
でも、食べ物屋さんが充実してます。
あと夜市だと確かアルコールは置いてないため、ビールは持ち込み
だと聞いてますが、今回行った鵝肉城にはビール置いてました。
Taiwan2008041201 Taiwan2008041208 Taiwan2008041209
夜市の真ん中くらいにある、鵞鳥肉と海鮮料理がメインの結構大きい
お店で、3階まで席があるようでした。
鵞鳥肉は蒸したの(茹でたの?)が置いてあるので、それを指さすと
ぶつ切りにして持ってきてくれます。
海鮮料理は入口で食べたいものを指さして焼くか蒸すか揚げるかを
伝えるという感じ。
メニューには野菜炒めや炒飯なんかもありました。

今回は鵞肉と、ウニ、真っ赤なエビの塩焼きと小さな鯛の塩焼き、
空心菜の炒め物、炒飯を注文しました。
Taiwan2008041206 Taiwan2008041207
鵞肉は筋肉質な感じで噛めば噛むほど味が出る感じです。
ウニは殻の大きさの割には身が少なかった。
あ、エビの塩焼き写真撮り忘れた。。。
ボタンエビみたいなのが8匹くらいお皿にのってたかな。
頭の部分は苦味が強かったので食べませんでした。
小さな鯛の塩焼きはまあ普通。
空心菜の炒め物はちょっと油が多かったです。
炒飯はやけにあっさりしてるんですが、スープの味がきいてる感じ。
これにビール2瓶でTWD1,400くらいでした。
そこそこリーズナブルですね。

本当は小上海という小龍包のお店にも行きたかったのですが、
王記府城肉粽へ2回行ってしまったので断念。
今度台湾へ行ったら食べに行ってみたいと思います。

お読み頂きありがとうございます。是非クリックお願いします。
↓↓↓
ブログランキング ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

カテゴリ: 旅行記(海外)

[edit]

Posted on 2008/04/18 Fri. 22:53    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://joueur3.blog105.fc2.com/tb.php/223-94dd18d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

Profile

Counter

Calendar

Links

Search in This Blog

Recent Articles

Recent Comments

Recent Track Backs

Categories

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。