旅猫日和

旅行とホテル滞在記を中心に、興味の向くまま日々の出来事を掲載しています。2012年9月に長女を出産し、ホテル修行は休止中。

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

わちの通院日誌(10/27) 

強制給餌とセレニアのおかげか、体重は前回と同じ4.75kgと横ばい。
自分で食べてくれないとこれが限界か。。。

朝、病院に連れていく1時間くらい前に強制給餌したら、普段とは違う声で鳴き出して
どうしたんだろうと思ったら、台所に敷いてあるラグにうんち Σ( ̄ロ ̄lll)

様子も何だかおかしくて、いてもたってもいられず、病院に連れて行きました。
朝の状況を先生に話したら、「あまりいい状態とはいえないですね。輸液と投薬で
良くなる見込みが無いとなると、やはり手術を検討したほうがいいかもしれません。
一度大学病院に電話して相談してください。うまくいけば来週月曜日に予約取れる
かもしれません。」と。
そうですか。。。

とりあえず輸液して今日から5日分の薬をもらって帰宅し、大学病院に電話しました。
担当先生が診察中のため折り返し電話をもらい、状況を説明。
「輸液を1日1回にするとかして様子を見るしかないですね。もし手術を受けるのであれば
大体50万くらいかかります。受ける受けないはさておき、今日明日中に正確な費用の
見積もりと最短で手術が受けられる日をご連絡します。」と言われました。

人間の胆嚢摘出手術は腹腔鏡手術が一般的みたいですが、先生に確認したところ
開腹手術になるとのことでした。
わちには負担が大きいのではと心配です。
とはいえ、薬での治療では効果が見られないので、このまま衰弱するのを黙って見るの
かと言われると。。。どうしたらいいんだろう。

動物の腹腔鏡手術をしている病院もあるみたいです。
ルカ動物医療センター
でも場所が大阪。
やっぱり開腹手術しかないのでしょうか。

【今日の診察代金内訳】
再診料 900円
皮下輸液 2,100円
内用薬×3 900円
内用薬×14 1,120円
内用薬×14 1,120円
内用薬×14 1,120円
内用薬×14 1,400円
消費税 433円
合計 9,093円

---追記---
あの後、旦那とも相談し手術を受けさせることを決めました。
手術の日は11月10日(木)
前回診察していただいた内科の先生から外科担当の先生に状況を伝え、私宛に連絡
していただけるとのこと。
その後すぐに外科の先生から電話をいただき、以下のような注意事項が伝えられ
ました。
午後に手術する前にCTスキャンを取ってどの術式が適合するか確認するため、
当日の午前10時までに病院に着くこと。
前日の夜10時までに食事を済ませること、水は翌朝までOK。
前回の血液検査を見ると血がやや止まりにくい体質なので、手術をうけるまで
ビタミンKの薬を1日1回与えること。
手術が成功したとしても、予後が悪いと死に至る可能性があること。

手術の日まであと2週間、何とか持ちこたえてくれるといいのですが。

お読み頂きありがとうございます。是非クリックお願いします。
↓↓↓
ブログランキング ブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ

スポンサーサイト

カテゴリ: わち闘病記

[edit]

Posted on 2011/10/27 Thu. 11:26    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://joueur3.blog105.fc2.com/tb.php/538-c4b96fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

Profile

Counter

Calendar

Links

Search in This Blog

Recent Articles

Recent Comments

Recent Track Backs

Categories

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。